tel
scroll downpageTop

Works

CASE18

家族が集う家

前橋市 旧モデル

二階建て

Comment


床面積が30坪程度と少ないながら、ウッドデッキや大きな窓を使うことで圧迫感を少なくし、開放的な空間を演出しました。
また、玄関のスペースを広めにとっており、お客様の対応ができるように配慮。外と中との一体感も大切にしました。
もう一つ、配慮したのが窓からの風景です。
窓から見える景色は、家それぞれ異なるもの。より印象的な風景をつくり出すにはどうすればいいか、考えながら設計を行っています。
窓を額物のようにとらえ、玄関から入って2階の窓から木が見えるようにし、窓からのぞく木がまるで「絵」のように見えるのです。
また、2階のバルコニーからは花火が見えるような設計に。
風景を見てから設計をするくらい、当社は町に溶け込む家を特に意識して家づくりを行っています。住宅は、家の中だけではありません。家が街の一部になるのです。
絵を買い替えるのは大変ですが、当社の家づくりは季節の移ろいが、そのまま絵になってくれます。

Photo Gallery

pageTop