tel
scroll downpageTop

Works

CASE32

モノトーンの家

高崎市O様邸

二階建て

Comment

まず目を引くのが、真っ白でオリジナリティ溢れる形状の外観。「単純な真四角ではつまらない」との想いから、L字型で凹凸のある外観にデザインしました。

オープンな印象ですが、玄関扉の配置には気を遣い、道路から見えにくくなるようにレイアウト。「真っ白だと汚れが目立つのでは?」と心配される方も多いのですが、汚れが特に懸念される継ぎ目がない素材をチョイスすれば、その不安は軽減されます。

邸内は、「白と黒の2色をベースにした、スタイリッシュな印象の内装が夫婦共通のイメージでした」と、O様。そのイメージ通り、モノトーン調のコーディネートが光る内装となっています。床材には石目調のタイルをチョイスし、キッチン背面の壁もブラック、ドアはハイドアを採用するなど、「シンプルですっきり見えるもの」にこだわって選びました。

「子どもがいても、生活感が出過ぎない空間にしたい」というご夫婦の意向もあり、電子レンジや炊飯器はキッチンキャビネットに収納。冷蔵庫も人目に触れにくい場所に設置しています。

また、リビングには4畳の畳コーナを設置。小上がり部分は収納機能も備えており、座布団や日用品を片付ける場所として重宝します。もちろん大人が腰掛けるのにもちょうどよく、キッズスペースとしても活躍します。

希望以上の家が完成!
希望以上の家が完成!

希望以上の家が完成!

足を運んだ大手ハウスメーカーではなかなか理想のデザインと巡り合えず、凹凸のある外観を希望していると伝えるとことごとく却下⋯。そんなときに頭に浮かんだのが、アカギホームさんで新築した実家でした。美容室を併設した住まいですが、真っ白の外観がとてもおしゃれだったんです。早速担当の方を紹介してもらい、その後は話がスムーズに進みました。「できない」を言わず、私たちが望んだ以上のプランを提案してくれて、「同じ工務店でもこんなにも違うものか」と驚きました!

Photo Gallery

  • リビング

    リビング

  • 外観

    外観

pageTop