tel
scroll downpageTop

Works

CASE35

はなれのある家

沼田市T様邸

二階建て

Comment

元々当社のモデルハウス建設予定地だったこの場所をお客様に気に入っていただき、住んでいただくことを前提として建てたお家です。お客様からのご要望は、「将来お店も経営できる住宅」「おばあちゃんとの同居を前提とした家」ということでした。そのため、自宅と職場の空間を分離するために、はなれを造ることを提案。将来的に店舗として使うこともできますし、おばあちゃんの専用空間としても活用できます。また、家の周囲には広いウッドデッキを設置。玄関とはなれはウッドデッキで繋がっており、一体感と距離感を同時に保つことができます。在宅で仕事をする方や、おじいちゃん・おばあちゃんとの同居・介護のために別空間を必要としているご家族には、1つの良い例となるお家です。

「はなれ」を造って大正解でした!

「はなれ」を造って大正解でした!

将来的に自宅でお店を経営したいという希望があり、アカギさんのモデルハウス建設予定地がちょうどよかったので「ぜひここにお願いします」と造っていただきました。また、おばあちゃんとの同居も考えていたため、みんなが暮らしやすい家を要望しました。そこで「はなれ」をご提案いただいた時にはびっくり!そんな発想はなかったので、「そういう方法があるのか!」と感動しました。同じ敷地であっても一度玄関を出て職場に行く、という気持ちの切り替えができるので、「はなれ」という選択は大正解でした。

Photo Gallery

  • 外観

    外観

  • ダイニング

    ダイニング

  • はなれ内部

    はなれ内部

pageTop