耐震等級3相当をクリア!テクノビームの魅力

こんにちは!前橋市にありますハウスメーカー「アカギホーム」です。

今回は当社の工法で採用している「テクノストラクチャー」の中でも「テクノビーム」について、ご紹介したいと思います。
地震大国日本にあって、住宅の強度を保つことは住宅の生命を保つこと、と言っても良いでしょう。木材は横からの力に弱いという弱点を持っています。

これを解決したのが「テクノストラクチャー」です。テクノストラクチャー工法は、この横からの力に耐えるために「木+鉄」を組み合わせることで強度をアップさせました。そして、この梁のことを「テクノビーム」と呼びます。

もう一点、大きな特長が住宅の構造計算を厳密に行う点です。骨組みの強度・バランスをデータで客観的に計算、施工することでお客様の大切な生命を守ります。構造計算を厳密に行うから、木造2階建て住宅であっても「耐震等級3相当」をクリアすることができるのです。

デザイン性に優れた住宅はもちろん、資産価値を高めてくれるものです。しかし、その資産となるには住宅自体に強度があること。住み続けられる安心感があることが何より大切です。

「お客様に安心して、そして安全に住んでいただきたい」
その「見えない部分」にもこだわりを持ち、満足いただける住宅を提供しております。

ページの先頭へ