今後、アカギホームが目指していきたいこと

こんにちは!前橋市にありますハウスメーカー「アカギホーム」です。今回は、アカギホームが目指す「これから」について、少しお話したいと思います。

 

当社がこれまで手がけてきた住宅は、どれも愛情を持って設計し、建てたものですが、それは「住宅の資産価値を上げたい」という想いから来るものです。世界には美しい建造物はたくさんありますが、これらは機能が優れているだけでなく、その「美しさ」や「綺麗さ」に人々が魅力を感じるからではないでしょうか。

もちろん、私たちは美しさだけにこだわった建造物を建てているわけではありません。そこに住む人の想いが反映された住宅ではありますが、それでもなお、「美しく、カッコイイ」そして、「この家はアカギホームだ」とわかる家をこれからも建てていきたいと考えています。

もちろん、見た目のこだわりだけではありません。

耐震性・断熱性・気密性といった「見えない部分」にもすべてこだわりを持っています。その中でも当社が採用したのが、パナソニックのテクノストラクチャー工法です。厳しい基準での構造計算を行い、耐震等級3という安心感をご提供できるのが、テクノストラクチャー工法の魅力のひとつです。

 

世の中にはさまざまな断熱材を使えば、規定している断熱の性能が出るわけではありません。施工の違いによって、断熱性も全然違います。

当社では、一定の工事が完了した後に気密測定検査を行います。気密度の値となるC値(建物のすきま面積)は平均1.0以下を出しています。

 

綺麗な住宅が並ぶ、まちなみであれば、そこのエリアとしての価値もおのずと上がるはずです。

まずは住み手から愛されること、そして親族や友人、周りの方から愛される住宅をつくり続けることが、性能の先にある建物としての「価値」を高めてくれると、私たちは信じています。

 

ページの先頭へ