家づくりに対するアカギホームの想い

こんにちは!前橋市にありますハウスメーカー「アカギホーム」です。今回は、アカギホームが大切にしている「家づくり」に対する想いをお話したいと思います。

 

 

みなさんは、「住宅」と聞くとどんなイメージを思い浮かべますか?まずは一緒に住む人のこと。そして、自分の好きなインテリアや内装、またお庭などを思い浮かべるのではないでしょうか。

「建築は人を幸せにする」という根本にはこの、「幸せなイメージ」が不可欠だと思っています。

 

お客様の希望や、夢の形、それを具体的にかつ「プロ」の目で見て、機能面やデザイン面で満足のいく家が「本当に良い家」であり、それがアカギホームの目指す「家づくり」です。特に、家の気密や断熱性の部分は、しっかりと意識して、建築することで快適性の高い住宅になります。

 

これは、社長自身が家を建てた経験(後悔)から学んだ部分でもあります。

「あの時、誰かが住宅についてもっと詳しく教えてくれていたら…」

「あの時知識を持っていたら…」お客様にはこのような後悔を絶対してほしくないと考えています。

それに加え、近隣の景観、窓からの見え方(借景※)など細かなところにまで配慮し、長く愛される住宅をつくりたい、もっと言えばお客様の趣味嗜好が変わったとしても「残したい」と思っていただけるような、そんな「しあわせな家づくり」を提供することが、当社のコンセプトでもあり、信念です。

 

※借景(しゃっけい)とは遠くの山などの景色をその庭の一部であるかのように利用してあること。そこから転じて、窓から見える景色を最大限に活用して楽しむことをアカギホームは活用している。

ページの先頭へ